雪の回廊TRG 20170422

エスに乗るようになって行きたかった場所の一つの季節です。集合場所が峠の釜めし「おぎのや」ということもあり出発はこんな時間。

えぇ、集合前に寄り道する気マンマンです(笑)。


K45でR17からR18に入ります。
「おぎのや」の手前で経路を逸れてK213からK196に入り道の駅を横目に向かった先は当然ココ。

妙義山。
桜が満開です。
頂上附近にはさくらの里があり、ちょうど見頃です。

集合時間まではまだ時間があります。先週はヤラかしたので今年は桜も見にも行けていません。そこで桜が満開なのをいいことにエスを停められそうな場所を探します(笑)。
一旦K196を下仁田町方面に駆け下りながら当たりを付けます。下の方は桜がチラホラ。

桜吹雪と花弁の中を駆け登ります。
先ほど目星を付けていた場所はやはり先客がいたので順番待ちしてエスを止めます。
変態撮影会開始です(笑)。

正面から

側面から

後から

いろいろ





もう少し腰を入れて撮影したいところですが紫芋号が近づいていたので切り上げて駐車場に向かいます。いあ、待ち合わせしてるわけじゃありません(汗)
途中「さくらの里」で開店待ちの車列に巻き込まれたそうですが、とりあえず集合?

アゴをください!

妙義山をバックに・・・

翼をください!
TypeSを見ると欲しくなります。
アゴと羽!
迷いに迷った挙句、今後は羽なし仕様の方向で進めようと考えていますが・・・どうせ、また迷い出すに決まってます(笑)。
集合前に給油をしてしまおうということになり軽井沢まで出ることにして妙義山を下ります。

紫芋号は相変わらず速いです(汗)。

K196を駆け下りK213へ。
R18に戻り「おぎのや」に集合している皆さんを横目に碓氷バイパスへ突入です。

碓氷バイパスを下りてすぐのガソリンスタンドで給油です。エスの朝ごはんも済ませ、集合場所へ向かいますが、もう9時も過ぎているので交通量が増えています。

クリアにならへん!
集合時間が迫ってますがビミョーに間に合わなさそうです(滝汗)。
というワケでちょっと遅れて合流です。

ミーティングを終え出発です。

碓氷峠を駆け上がり・・・

というほどもなく

碓氷湖に到着です。

秋は紅葉がキレイだそうです。
キレイな橋が架かっていて周囲を散策できるようになっているそうです。

いつも横を通り過ぎていました(汗)。
日頃の運動不足とお昼ごはん前にウォーキング(時間調整ともいう)です。
それでは日頃の運動不足を解消できるほどではないですが少しでも足しになればと・・・歩きます。
目的地は碓氷湖から1km20分・・・ん?20分?普通は案内には80mで1分ということは・・・

やっぱり坂道でした。
とにかく歩きます、ノロノロと。運動不足のオッさんが大半を占めているので仕方ありません。
トンネルが見えてきました。

入ってみます。
以前は線路でした。
明治25年から昭和38年新線開通まで

アプト式鉄道が走っていました。
今は「アプトの道」として整備されています。
めがね橋、碓氷第三橋梁です。
あ、橋の上の写真を撮り忘れました(汗)。
橋の上からの景色です。

いつもはココを駆け抜けています。
やっと見慣れためがね橋が見えました。

碓氷湖への帰りもダラ・・・いや、ノロノロと(笑)
食前の運動も無難に?こなし、お昼ごはんに出発です(笑)。
碓氷湖から碓氷峠を越えます。

関東在住になって初めて走ったのは碓氷峠でした。狭い、路面が悪い、落葉と砂がいっぱいで某漫画のようなことはムリムリ。そして目の前でバイクがコケるとか、いやいや、怖かった(汗)。
先ほどは橋の上からでしたが今度は橋の前を駆け抜け・・・ナゼか前方に屋根に赤ランプを装備した白黒のツートンカーが走っています。まぁ、ノンビリかな?と思いきや休憩所でUターン。ペースが上がります。

碓氷峠を駆け抜けR18沿いにあるコチラ。

Ogosso
軍鶏がメインのダイニングです。
地元の食材をメインに素材にこだわった創作料理のお店です。
駐車場の片側を占拠してしまいました。しかも大半はドライバーのみのため大した人数になりません(汗)。皆さん、ご迷惑をおかけいたします。
お店に入ります。
店内は今風オシャレなカウンターダイニング。
一応団体なので別室に案内されます。
人数よりナゼか一品多いオーダー。誰方ですか?2人前食べるのは(笑)。
でわ、小鉢から

人数が多かったので何種類かあったようです。
注文したのはコチラ。

その名も定番です(笑)。
本当は「ぎたろう軍鶏の親子丼」だと思いますが・・・メニューの文字は「定番」が一番大きいです。
美味しそうなタマゴがたっぷりです。
軍鶏がよく見えません(汗)。
コレでどうだ⁉︎

卵が濃厚で軍鶏も歯応えがあって噛めば噛むほど旨味が出てきます。ご馳走さまでした(合掌)。
メニューで一番喰いついたのは「シャモラー」。注文したらお店の人が軍鶏に扮してラーメンを出してくれたら最高です。
次は「シャモラー」にしてみよう(笑)。
お腹も満たされ本来の目的地である雪の回廊を目指して出発です。

R146を北上します。
浅間牧場前でR146を逸れて別荘地を抜け

K235から浅間白根火山ルート・鬼押ハイウェイに入ります。

笹平からK59を経由して再び有料区間・万座ハイウェイに入ります。ここからは・・・ペースが速くて写真を撮る余裕はありません(汗)。


ハイ、一気にココまで来ました。

嬬恋牧場 愛妻の鐘で一旦休憩です。
愛妻はお家でにゃんズのお守りをしています。我が家のにゃんズは昨年、大病を患ったのでどちらかが世話をしないといけないので二人では出かけられません。書き出すと止まらないのでまた機会があれば・・・。
流石にここまで来ると雪が残っています。
さて休憩も取ったところでいよいよ雪の回廊までアタックです。
いあ、まだ余裕はありますが普段から比べれば私個人的にはホントにアタックでした。

万座ハイウェイを下りK466からR292に入ります。
面子から言えば当然なんですが・・・途中、ペースカーが入ったりするので何とか追いかけてましたが、コレ以上はチョット、かなり本気で突っ込んでいかないとダメです。

火の玉オヤジ達はまだまだ余裕なんでしょう(滝汗)。ビビリミッター装備の私ではとてもとても太刀打ちできません。
私のエスはカッコだけですから(笑)。
そしてずっと来たかった渋峠。

国道最高地点2172mをいともアッサリ通り過ぎ?・・・通り過ぎるんや⁉︎(滝汗)
写真も一瞬で通り過ぎ撮れていません(泣)
ま、車も人もいっぱいで寄れませんでした。
絶対リベンジしてやる!

そのまま雪の回廊を目指します。





にも訪れたい所です。

そして、いよいよ本日の目的がお目見えします。
コーナーを抜けるとソコは・・・

人がいっぱい⁉︎

いあ、雪の回廊です。
観光なんで・・・ね?皆さん、お好きなように止まるわ、写真撮影してるわ、危ないなぁ(笑)。




雲が多いのが残念です。
スノージェットです。

スノージェットを抜けると

横手山ドライブイン!
ソコは・・・

真っ白やね(汗)。
休憩です。
今回のツーリング主催のhanちゃんさん

白のTypeS・・・CN28が定番ですがカッコいい!
長野県側は真っ白ですが一度麓に下ります。

群馬県側と雪の量が違います?

多いよね?

オープンカーが走る横をスキーやスノボが滑っています。スキー場のリフトも元気良く動いています。ゴールデンウィーク辺りまでは滑れるそうです。

麓で折り返します。
横手山ドライブインを

パスして温泉を目指します。

再び雪の回廊

R292からK466で万座温泉まで戻り到着です。

ホテル聚楽

流石に温泉は写真も撮れないので建物だけ(汗)
一日の疲れを癒してノンビリと・・・って泊まりではないのでそんなわけにはいきません。
ホテル聚楽でお二方と別れ草津を目指しR292を走ります。
温泉でノンビリしている間に天候はピーカン⁉︎
もう少し早く晴れてくださいな。

青空の下

ボンネットに青空を映しながら

ひたすら

快走します。

雪と

空と

コントラストが

キレイです。

そしてあっという間に

草津運動茶屋公園道の駅に到着です。
本日の予定はココまで。
参加された皆さん、お疲れさまでした。
hanちゃんさん、引率ありがとうございました。
道の駅で解散とは言うものの帰る方向は皆さん同じです。ココは当然、オプション発動です。
R292を南下。

大津でR145に入りR146へ。
北軽井沢からK54は二度上峠を駆け抜けます。

鬱憤が溜まっていたようです。
ペースが上がります。

ひたすら追いかけます。

季節的にはもう少し経つと新緑の季節になって

もっと気持ち良く走れますね。
R406に入り道の駅くらぶち小栗の里を通り過ぎ・・・隣のコンビニの駐車場で最後のミーティングです。

皆さん、お疲れさまでした。
この後はまだ峠を越えて帰路につく人、直接家に向かう人に別れました。
私は真っ直ぐ帰ります。
R406からR18に入った辺りで雨が降り始めました。R354バイパスに入る頃には土砂降りです。最後にやられました(泣)。
本日の走行

385km
プチツーリングでした。
おまけ
今回のTRGでトドメを刺すつもりだったタイヤは見事にスリップが出ました。

もう一段残ってるな(汗)
そしてコチラにも3回ガッツリでほぼトドメを刺してしまったようです(滝涙)。

どうしようorz
スポンサーサイト

TPMS装着 20170416

ODD 88067km前々回のタイヤ交換の原因になったタイヤのパンク。その頃からTPMS(Tires Pressure Monitoring System)が気になっていました。いろんな製品を検討していましたが、どれも「帯に短し襷に長し」という感じで二の足を踏んでいました。今回はAmazonで特価販売されていたのでお試しに購入してみました。中身はこんなものでしょう。台湾製のよくあるガジェットです。説明書は英語のみ。困るほどの内容ではないので割愛。本体はソーラーパネルでフロントウィンドウシールドに貼り付ければ電源なしで動作できるのですが規制対象になるので必要な時だけコンソールから出して使います。USBで常時モニタリングも可能ですが、狭いエスの中でこれ以上モノを設置する場所がありません。というか設置するところが余ってません(汗)早速、左の前から取り付けていきましょう。バルブキャップを外して緩み止めの六角ナットを嵌めます。センサー本体を締め込みます。後は緩み止めを締め込んで完了です。残りを同じ手順で終わらせて本体の電源を入れてみます。BAR単位表示ですね。ここで空気圧の単位のお勉強と・・・現在、日本で主流となっているkPa(キロパスカル)日本では1992年に制定された新計量法により国際単位(SI単位)に基づく表示にあらためられました。ISO推奨の単位です。なかなか普及しなかったはずなのですが、1999年の最終猶予期限後は一気に普及したようでこの時私は日本にいなかったので日本に帰ってきたら良く分からない単位になっていて驚きました。馴染みがあるのはやはりコレ。kgf/㎝2(キログラムフォース/平方センチ)そしてスキューバダイビングの時に一番良く使ったのがコチラbar(バール)昔は台風がミリバールで強さを表していました。そしてPSI (ポンド/平方インチ)アメリカンな単位なのでなかなかお目にかからない?1kgf/cm2=98kPa=0.98bar=1.42psiとなるので現在の日本の220kPaだとそのまま2.2BARとなり全然問題ありません。慣れたkgf/cm2が一番しっくりくるんですが、時代なので私自身もアップデートしないといけません。このタイプのTPMSは電池とトランスミッターが内蔵されたバルブキャップのため大きく重いのが難点です。デザイン的には・・・やっぱり許せません(笑)あと締め込む時にエアが漏れます。圧力センサーがあるため押し込む必要があるので仕方ありません。設置が簡単なのが一番の特徴です。サーキット走行などに使うには精度が足りないと思いますが、街や峠をメインにタイヤの状態確認程度には十全でしょう。

エアコンフィルター装着 20170416


ODD 88067km
ナゼかいつものディーラーの工場長に本気にしてもらえないエアコンフィルター。
お願いしようとすると
「うぃずうぃずさん、いらないでしょ?いつもオープンで幌閉めてるの見たことないから付けても意味ないですよ。」
いあ、まぁ、確かに工場長の仰る通りです。
一日中、幌を閉めて走ったのは納車されてから約3年で1日1回だけです。それもオフ会なので「雨だから欠席します。」って訳にもいかないから走らせただけです。
そこで私だけの~
S7基本原則(笑)
1. 雨の日には出掛けない。
→オープンで走りたいから。
2. 雨が降り始めたら家に帰る。
→峠で滑ってエスを壊したくないから。
3. 勢いだけで突っ込まない。
→ビビリミッターで制御しきれないから。
4. 点検・整備は定期的に。
→コンディションを維持したいから。
5. 弄るより整備。
→長く乗り続けたいから。
6. 見た目優先。
→オープンは全てが丸見えだから。
7. いつもピカピカ。
→ピカピカでないとイヤだから。
※2. 予定変更が可能で目的地に到着していない場合
※6. 但し、乗員は除く。
と、まぁ、どうでも良いルールが自分の中であります。実際にはナビが壊れた時にダッシュごと交換したとか、タイヤばっかり交換しなきゃいけないとか、絶版のモノが転がり出てきたら飛びついたとか、エス自体が絶版ですが・・・ね?ソコじゃないのにコレやっちゃったとかありますorz
話しが逸れましたが、エアコンフィルターも「空気をキレイにして取り込む。」なんてことは毛頭考えていません。
どうせオープンで走るんだから車内は外です。フィルター入れても吹き出したあとは外気と混ざります。そう、あってもなくても大して変わらないアイテムです。
ま、そこはソレ。どちらかというと吸い込み口から室内まで開放されている部分に埃が溜まるのがイヤで付けたいだけです(笑)。
仕方がないのでAmazonで互換品を注文。
もちろんコレです。

パシフィック工業
ホンダ車用 PC-511B
該当純正品番: 08R79-S2A-000
定番の互換品というよりコレしかありません。

裏にはいろいろ書かれていますが、機能は集塵のみですからいっぱい書いてある内容の2/3は関係ありません。集塵タイプにはコレ、いらないよね?ま、期待している性能は集塵なので問題ありません。でわ、早速取り付けにかかります。

まずはトップカウルを留めているクッション材?(フードシールと言うらしい)を・・・か、硬い!一箇所ピンの入れてある周りが裂けましたorz

ワイパーを外してませんが強引に持ち上げます。

枠が見えました。期待はしてませんでしたが、やはり大穴が空いてます(笑)。
そして汚ったない!枠も汚いですがコチラもスゴイ。

たぶん前オーナーから5年振りに開けたんだと思います。
とりあえずフィルター枠を取り出します。

これ力任せに外すしかないのでツメが削れます。一応、キレイに拭き拭きしフィルターを嵌めます。

とにかく手の入るところは拭き拭きしてできるだけキレイして

フィルターを嵌め込みます。
齢12歳、初めての経験です(笑)。
息苦しくないかね???
因みに私はマスクは息苦しくてキライです。

エアクリーナー交換 20170416


ODD 88067km
前回20160101(正月から何やってたんやろ?)ODD 79176kmだったので約15ヶ月8891kmでした。もっと早くに洗浄するつもりだったのですが予備のエレメントがなかなか購入できなくて延び延びになってしまいました。
無限MUGEN(M-TEC)
Hi-PERFORMANCE AIR CLEANER & BOX
のエアクリーナーの交換です。
エアクリーナーの清掃は乾燥するのに時間がかかる為、少し前に予備のエアクリーナーを発注していました。


品番: 17220-XGS-0000
K&NのエアクリーナーですがBOX専用品です。K&Nで直接買うことも考えましたが型番が不明な為、無限で購入です。
中身はコレだけ。

ビニール袋にパックしてあるだけ(笑)

既にオイルが塗布されているようです。
メーカーの規定量(1.73ozは純正フィルター互換品)よりオイルの量が少ないようです。前回清掃した時はこんな感じです。

かなりオイルが濃いです。互換品の1.73ozで塗布してみましたが、やはり多過ぎたようです。今回の清掃ではオイル量を半分くらいにしても大丈夫そうです。

とりあえずバラしていきます。
緩み止めのインシュロックを切って

バンドを緩めて外します。

インテークホースがシリコン製なのをいい事に強引にズラします。

シリコンとはいえ大丈夫なんだろうか・・・
見えない部分でオイルを吹いています。吸い込みで漏れるのかとも思いましたが、それならインテークホース側にもエレメントのオイルが吸い込まれても良さそうなのでブローオフの圧に負けてバンドの締め付けの弱いところから噴き出しているような感じです。ボックス内にもオイルが噴いてます。

うっ・・・かねり落葉を吸い込んでいました。

某ショップでブローオフバルブが販売されています。かなり効果がありそうですが、エレメントのオイルの量はギリギリまで抑えておかないとバルブが詰まりそうです。
とりあえず拭き拭きしてキレイにします。
合わせてインテークホース側も点検。

こちらはキレイです。
アルミを磨いて準備完了です。
ここで使用済のエレメントのご紹介。

パッと見、キレイそうですが

なかなかスゴイです。
バンドの締め付けが弱かったのか、かなりスキマからブローオフが漏れていたことが伺えます。
新旧比較。

いや、旧は時間のできた時にでも清掃して次の交換に使いますよ。でわ、戻します。

合わせるもナニも嵌めるだけ(笑)
戻すのに上手く嵌めないとエレメントがズレます。バンドで締めるので多少のことは気にせずに戻してバンドを嵌めます。

ボルト位置がドコが良いのか分からないのでボンネット側に頭が出ない位置まで回します。そして締めます。ひたすら締めます。前回はボックスが割れたらイヤ(ドライカーボンでそんな簡単に割れるわけないのですが)なので遠慮して締めましたが

今回はブローオフで噴き出すのがイヤなのと一方はアルミ製なので回せなくなるまで締め込みました。
緩み止めのインシュロックを締めて

ハイ、完了!
コレでブローオフバルブ代わりのスキマはなくなるのでしょうか(汗)
違いは・・・鈍感なんで聞かないでください(笑)

初心忘れるべからず

昨夜、バッテリーが上がったと思いブースターケーブルで繋ぎ始動を試みるも全く動く気配もなかったエスですが、何かがオカシイと感じたまま朝からバッテリーを買いに出かけてみました。

私のエスはTypeV所謂VGSなのでベースグレードとはバッテリーサイズが違っています。ベースグレードは38B19LかたやVGSは55B24Lです。このサイズになれば3諭吉ほどと相場は決まっており19Lの安さが目立ちます。半値以下とは(汗)しかし最近の通販は一部の商品が驚安で19Lと変わりません。某大手カー用品店で相場の値段を見て今すぐ動かさなければいけないのでなければ倍以上のお値段で購入する必要もなく・・・諦めが悪いのでブースターケーブルだけ買って戻りました。
そしてコレ(汗)

やはりインパネに火が入りません。お昼だったので繋ぎっぱなしで充電してみるも全く反応がありません。どう考えてもバッテリーじゃない感がヒシヒシとしてきたのでヒューズ?ECU?電装系のドコかが逝ったとしか考えられません。
とりあえずヒューズを目視で確認するも異常はなさそうです。ハーネスやECUならお手上げ(ちょっとイタズラを計画したばかりだというのに)。
さすがにココまでくるとやることは一つ。
いつもお世話になっているディーラーに泣きつきます(滝汗)困ったときの神頼みならぬディーラー頼みです。
工場長を捕まえ状況を説明しサービスマニュアル片手に怪しそうなところをピックアップ。やはりというか当然答えは似たようなところへ辿り着きます。
工場長からは一言「車載で持って来るのが早いけど、うぃずうぃずさんのエスってうちの車載に載らないから取りに行けないんだよね。」って困りました。まぁ、確かに低過ぎて車載の段差に引っ掛かって載せられないんですが・・・ということで自分である程度のところまで確認するしかないのでアドバイスいただいたところからヒューズをテスターで片っ端からチェックしていきます。

どう見ても・・・

テスターにかけても切れていません。
バッテリーも

この通り、元気です。
さて困った・・・
・・・
困ったので初心に戻って一度バッテリーを外すところから始めます。
さてっと六角レンチで・・・
ん?
何故ボルトが力も入れず動く?回る?
緩んでた?
マイナスが?
アースが取れてなかった?
となればイグニッション・オンでインパネに火が入らないのにキーを挿しこむと抜き忘れ防止のアラームが鳴るのも納得です。
アースが十分取れなかったのでアラームの電圧しか電気が流れなかったようです。
まさかバッテリーのボルトも振動で緩むとは・・・恐るべしFC20C

君にもストッパーがいるのかね?(滝汗)
何はともあれ復活です。

それは突然やって来る

バッテリー上がりは突然に・・・
ODD 88067km
インパネに光が入らないため写真は割愛。

来週の遠征のために明日は碓氷峠から軽井沢とモーニングにでもと思い夕方に洗車。
しばらくしてから給油に行こうと思い、
イグニッション・オン!
オン?
オン??
オンだって???
あれ?真っ暗???
ん?
あーーーーーっ⁉︎
バッテリーが上がった⁉︎
洗車するのに動かした時は何ともなかったのにもうウンともスンとも言いません。
唯一、カーナビはバッテリーが入っているので点灯しますが、他は真っ暗(汗)
バッテリーを買いに行こうにも通勤快速も他の車も全てエスの奥・・・って車出されへんやん⁉︎
通勤快速を無理矢理エスと庭の木々の隙間に押し込みブースターケーブルを接続しようと延ばしてみればケーブルが経年劣化で被膜がボロボロ(泣)
被膜の破れたところにウエスを巻いてショートしないように気を付けながら接続。
燃えるな、燃えるなと祈りつつ、しばらく充電。全く充電される様子がなくイグニッションを回すも真っ暗なまま。ここまで電圧落ちるなんて洗車後の一時間くらいで何が起こったん?

朝一でバッテリー買いに走らないと・・・(泣)