90000kmのご褒美! 20170617

洗車して給油してからのスタート。
途中、首都高、圏央道は走行中にモロカブり?練馬-玉川の間・・・砧公園辺りでキリ番になりそうです。
停められるのか?ヤベぇ~(汗)
とりあえず時間がギリなので急ぎます。
関越でワープ。
モチロン、写真はありません。
やはり環八を玉川向けてこんな時間に走るもんじゃありません。大・渋・滞orz
時間もないですが、キリ番まで後一息です。予定通りに砧公園を周ります。
「げっ!?」田舎者には分かりません。
「なんで公園の周りの道がこんなに狭いの???一時停止する幅すらないやん!?」

とキリ番寸前で信号待ち。
「うっ!?キリ番や、ヤバい!ドコか停まる場所!?」
と50m程先に歩道の切り下げでガードレールのない場所を発見!
「間に合う?間に合う?」
と念じながら滑り込み・・・

セーフ!
ギリギリでキリ番ゲットです。
そしてココからもまた大渋滞orz
目的地に急ぎます。
本日じはココ。

ぼっ・・・いあ、セレブショップ(笑)。
ASM YOKOHAMA
セレブ価格というか正しい価格の付け方なんだと思います。内容的には妥当ではないでしょうか?商業ベースだから(汗)。
目的は・・・GENROM。
ASM with G.T WORKS GENROMフェア が予定されていました。
正直、ワンタイムROMとImpact! Haltechのフルコンと悩みました。
ワンタイムは文字通りワンタイムのみなので結果却下。
20年前のチップと数年前のチップ・・・性能ならフルコンの方が絶対お得!しかも外せばノーマル。セッティングは現車合わせでもGENROM+ちょいです。まぁ、追加メーターは別でやり直し、設置もメーターの置き換えを考えないといけません。
駄菓子菓子、サーキットは基本的に走らず街乗り全般のコントロールとOBDIIが使えることからワンタイムではないフラッシュROMに軍配が上がりました。フルコンはECUが壊れたら考えよう。
フラッシュROMは某所に保管されたままだったのが明るみに出たらしーです。
お値段は・・・絶版チップとASMのプレミア価格です(笑)。
件の絶版チップ。

書き込み中です。
一台目(アレ?二台目は?)は書き込み忘れで大騒ぎになってました。火が入らない(笑)。データがインサイトだったらしーです(書いちゃっていいのか?)。源さん、お疲れさまです。

大騒ぎ中、外れてました(汗)。
写真を撮る間もなく速攻バラされ

まな板の上の鯉状態。

BCG注射みたいな半田リムーバーで加熱。
アレ?源さん、顔出しでOKですよね???

スポンっ!?

残った半田を吸い取ります。

チップを載せて

半田付け
こんな簡単に半田付けできるモノだったんですか?いあ、年季が違うのは分かりますが、慣れれば自分でもできそうです。
源さん、すいません(滝汗)。

持っていただいてます、源さんに。

はい、出来上がり!

戻します。
なんか、今日はピンが甘いな(汗)。

リセットして・・・
一発始動です。
予定してなかった90000km記念になりました。
源さん、ありがとうございました。
ASM G.T WORKS GENROM (AP1)
VTEC切り替え回転数
<高負荷> 設定:5300rpm/復帰:5100rpm
<低負荷> 設定:6050rpm/復帰:5850rpm
REVリミット9,300rpm
速度リミッター変更済み
ASMに行けばお約束!
大黒PAで変態撮影!

と思ったら隣にクルマ停められて退散orz
他にいっぱい空いてるのにナゼ隣に停める!?
帰りはちょっとだけテスト。
今まで苦しそうだった低回転域でも息継ぎなしで前に進みます。VTECは滑らかになりVTECに入った!という感じは音だけになりました。吹け上がりは某ECUの方が速いと思います。ただトルク感はGENROMの方があるような気がします(たぶん、ほとんど変わらないような・・・)がプラシーボ?音は結構変わるモノですね。無限マフラーは高回転の炸裂がないSACLAMみたいになりました。水温は5~7℃程度高くなったような気がします。ECUの書き換えで回し目で走行したのでもう少し低いかもしれませんが確実に水温は上がっていると思います。
本日の走行距離

261km
プチツーリング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL