FC2ブログ

ブレーキキャリパーOH 20180311

ブレーキキャリパーOH

ODD 95027km
昨夏辺りからずっと気になっていた左リアブレーキの鳴きと振動。
ブレーキの鳴きはシムなしのスポーツパッドなんで仕方ないと思っていましたが振動はドコが悪いのか不明でした。オイル交換の際にチェックしていて判明。リアだとばかり思い込んでいたのは左フロントのブレーキの固着でした。
コチラ

目一杯にチカラを入れてしか回らないことで判明しました。
判明してからどーしたものかと悩みに悩み・・・
1. ビッグキャリパーに交換
2. リビルトキャリパーに交換
3. 新品キャリパー交換
4. キャリパーOH+α(ピストン・スライドピン他のWPC+DLC加工)
5. キャリパーOH
1の案はTASでビッグキャリパーとホイールばかり見て回りサーキット走るわけでもないので実用云々では不要。ガマンできなくなったら考えると・・・。
2の案はリビルト品がオークションで探すしか見つからなかったので素性の分からないキャリパーはイヤやなと・・・。
3の案はキャリパー、ディスクとパッドまで交換することになるなら、やっぱりビッグキャリパーを考えた方がえぇんちゃう???って思えて踏み切れず・・・。
4の案は煽動部なのでWPC+DLCで滑らかで高耐久を期待するもコンマ何秒を求めてする加工なため純正新品キャリパーより高額になるため、敢えなく却下。
結局、無難?に5のキャリパーOHしようかと・・・不安はサビの状態が不明なことですが・・・。

見た目ではわかりません。
ココからはサクっといつものディーラーで工場長にはムリを承知で作業中の邪魔にならない程度の写真をお願いしてエスを預けます。

フロントキャリパーOH
キャリパーセット 04163-S2A-010
ピストン 54mm 45216-SR3-V01
リアキャリパーOH
SET, RR CALIPER(13 01473-S2A-010
ピストンASSY. 43215-S2A-003
ワッシャースプリング 10M 94111-10800
問題の左フロント

リアは大丈夫???

バラします。モチロン、ホンダのサービスマンが。

ピストンを抜いたところですね。
ピストンに天使の輪ならぬ悪魔の爪痕・・・サビサビです。

洗浄後・・・ココからサビ取りしたらしいですがキズを入れるとダメなのでなかなかサビが落とせなかったようです。

リアはキレイに見えます。

が、リアもサビが出ていました。
工場長からは「サビは落としてシールを確実に入れてあるんで大丈夫だと思いますが、漏れがないかしばらく様子見してください。溝の部分のサビがヒドくてできるだけサビを落としましたが、できたらキャリパー交換をお勧めします。OHでブレーキは奥まで踏み込まないと効かなくなっているんで気をつけてください。」と注意付きでした。
OHでブーツが新しくなりピストンの戻り量が増えたことから踏み代が大きくなったようですが、新車の時ってこんな感じなんですよね?今まで硬い感じでガっ!とブレーキが効き褒められたコントロール性ではなかったのがグーっと踏み込んだだけブレーキが効きコントロール性が良くなりました。
OHはサビが出る前に早目に早目にやるべきなんでしょうね。
次はキャリパー交換!?
ビッグキャリパーか、純正キャリパーか、ソコが問題だ・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL